栄養バランスのよい食事を摂る

外食がどうしても多くなる現代人には難しい面もありますが、食べ過ぎない、栄養バランスのよい食事を摂る、野菜(特に緑黄色野菜)をできるだけ多く摂取する、甘いものや脂肪分の多い食事は控える、塩分控えめの食事を心がけるようにしましょう。日本人の糖尿病患者のほとんどは、生活習慣が原因で発症していますから、病院では食事療法や運動療法などを含め、様々な生活改善を求められます。それと同時に、進行状態によっては薬物療法も行われることになります。では、薬物療法はどんな風に行われるのでしょうか。糖尿病の薬物療法は、大きく分けて二種類あります。その一つは飲み薬、いわゆる内服薬です。そして、もう一つはインスリン注射です。インスリン注射は、基本的にインスリンの分泌がない体質の1型糖尿病患者に行われる療法で、膵臓でインスリンを製造できない人の薬です。まれに、2型糖尿病でも膵臓を休ませて機能を高めるため、一時的にインスリン注射を行うという治療法がないわけではありません。でも、一般的には2型糖尿病患者には血糖値を下げる内服薬が処方されます。内服薬にもいくつかの種類があり、症状によって使い分けられます。日本人の糖尿病患者のほとんどは、生活習慣が原因で発症しているタイプの糖尿病です。その割合は、何と糖尿病患者全体の95%とも言われています。このタイプの糖尿病では、自覚症状があまりないため、気づきにくいというのが特徴です。大きな自覚症状が出たときには、既にかなり進行していたり、生命の危険がある合併症を発症しているケースも少なくありません。ですが、全く何も症状がないというわけではありませんから、小さな変化でも見逃さずに糖尿病を疑い、健康診断を受けることをオススメします。なぜなら、日本人の大半は、生活習慣に乱れが生じており、老若男女誰でも糖尿病の可能性があるからです。では、具体的にどんな兆候が見られるでしょう?よく言われているのは、喉の渇きです。特に運動しているわけでもないのに、以前より喉が乾くようになった。無意識に水分摂取量が増えていた。そのためにトイレに行く回数が増えたり、一回の尿の量が増えたり・・・。これらは全て、血液中の糖分が増えるために起こる症状です。また、糖分をエネルギーに変換することができなくなるために疲れやすくなったり、だるさが取れなかったり、持久力が落ちたりします。同じ理由から、立ちくらみなどの症状を訴える方もいるのです。そして、今まで通り食べているのに体重が落ちるというケースもあります。症状が進んでくると、目が霞んだり、手足のしびれを感じることもあり、女性の場合は月経異常、男性の場合はインポテンツといった症状が現れることもあるでしょう。体内でブドウ糖を分解するインスリンが、元々体内にない(またはほとんどない)ために、ブドウ糖が過剰に血液中に流れてしまい、尿にも糖が出るという糖尿病です。インスリンは膵臓で作られるのですが、遺伝的要因やウィルス感染などによって、インスリンの製造ができない(またはほとんどできない)ために、食物から摂取したブドウ糖を分解できません。つまり、どんなに食べても栄養補給ができない状態ですから、肥満よりむしろ痩せている人が多いのが特徴です。糖尿病の改善に運動療法は効くのでしょうか?糖尿病とは、血液の中の血糖値が高い状態が続いてしまう病気です。そして、その原因は、血液中の糖分を分解するインスリンの働きが弱まったりして、糖分を分解しきれないことにあります。インスリンの働きが弱まる原因とされているのが、悪い生活習慣だと言われています。主に食事生活が原因のケースが多いのですが、糖尿病になる人の多くは、必要以上のカロリーを摂取してしまう傾向にあり、また、摂取したカロリーを完全に消費しない傾向にあります。このため、インスリンを分泌する膵臓の働きが低下して、インスリンの分泌量が減ったり、インスリンの機能が低下してしまったりするのです。これに対して、運動で筋肉を動かすと、筋力が次第につき、基礎代謝が高まります。基礎代謝が高まると。自然とカロリー消費量が多くなりますから、脂肪燃焼効果も高まります。つまり、ダイエット効果があるということですね。体重が減ると、インスリンの機能が向上することが知られています。それに、運動自体がインスリンの機能を高めるともいわれているのです。ですから、糖尿病の改善には、食事療法と共に運動療法が大変重要視されており、運動療法が勧められているのです。では、どんな運動をすればよいのでしょう?それは、有酸素運動です。具体的には、ウォーキングやジョギング、サイクリング、スイミングなどで、一回に20分以上続けることで効果が得られます。